職務経歴書は転職の場合、応募要項に必要性について記載がなくとも準備しておきたい書類です(アルバイト募集の場合は、応募要項を確認して必要ならば用意しましょう)。職務経歴書には、履歴書と違って決まったフォーマットはありません。それだけに、どのように用意すればよいか迷うかもしれませんが、まずは自分の経験・実績・スキルをまとめていくことを考えればよいでしょう。その際、あなたの「実務能力」を採用担当者にアピールするためには、入社や退社の経歴をただ書き連ねるだけでなく、そこで達成したことや、培ったものをアピールすることが大切です。経験が不足しているから不安だ、と思っている人も自分の能力や仕事への適性についていろいろ表現することができるのが職務経歴書です。以下を参考に自分をアピールできる職務経歴書を作っていきましょう。

◇作成ポイント
・はじめにキャリアの棚卸しをしましょう。どんな成果が得られ、どんな実績を積み、評価を得られたのか具体的に書き出してみましょう。
・A4用紙に1~2枚収めるように簡潔に書きましょう。
・手書きでもパソコン作成でも構いません。また、パソコン作成の場合は氏名を手書きにしても構いません。
・職務実績や業務内容だけではなく、受講した研修やセミナー等の内容も書き添えるといいでしょう。
・書式や体裁は自由ですが、読みやすさ、見た目の良さも気にしながら作成しましょう。表組みや箇条書きなどで読み手が分かり易く読み易い配慮も。
・「タイトル」「氏名」「日付」「職務経歴」は、必須記載項目です。
・面接での質問内容と回答を想定しながら書きましょう。
・前の会社の守秘事項に抵触しないよう注意してください。

◇編年体式

経歴を時系列に記載する方法。同じ職種への転職の場合などでは一般的な書き方です。

[1]はじめに希望職種を記載してもいいです。経歴の要約を入れる方法もあります。
[2]日付は履歴書と同じ日付にします。郵送の場合は投函日、持参の場合は持参日を。元号で統一しましょう。
[3]本文は具体的かつ客観的にまとめるのがコツです。
[4]実績は数字や具体的な名称を記載すると説得力があります。
[5]研修やセミナー参加、取得した資格なども記入しておきましょう。
[6]自己PRでは、これまでの仕事で何を学び、これからどう活かしていきたいかなど、今後のやる気や熱意をアピールしましょう。

☆豆知識:異なる職種への応募の場合、まずは「志望動機」から始め、「転職理由/応募職種・仕事内容を理解していること/自分には業務をこなせる能力や適性があること」をアピールするとよいでしょう。

◇キャリア式

経歴を職務内容ごとに記載する方法です。職歴が多い場合は、キャリアを整理しやすい書き方です。

[7]時系列に記載する部分と、特にアピールしたい部分は表組みにするなど、工夫して書きます。プロジェクトに関わった経験がある場合には、どのような内容だったか企画・開発の規模や役割も説明し、分かりやすく書きましょう。

☆豆知識:採用担当者に「また転職するのではないか…」と思われないよう、転職を経て着実にキャリアアップしていること、その経験を活かして勤務していきたいことをアピールしましょう。