気になる求人広告を見つけたら、どんな条件の求人だとしても、つぎには「応募」があります。主な応募方法として、「履歴書の郵送」「電話応募」「WEB応募」がありますが、ここでは「電話応募」と「WEB応募」の際のマナーについてご紹介します。応募の後は、ほとんどの場合「面接」があります。面接では、直接、採用担当者と対面する場です。基本のマナーが出来ていないと、よくない印象を与えてしまう可能性があります。あなたの希望する職場に就職する為にも、基本的な応募マナー・面接マナーを知って備えておきましょう。

サンプル 電話応募のマナー

〔事前の準備〕
電話をかける前にまずは、「メモ」と「筆記用具」の用意を。面接の日程など、伝えられた内容はすぐに書き留める必要があります。また、電話をかける時間帯にも注意します。始業の時間帯、ランチタイム、営業時間外などは、採用担当者が多忙な場合がありますので、避けましょう。なお、応募条件欄などに、応募時間帯が記載されている場合は、その時間内に応募をするようにします。
また、電話を掛ける場所も、雑音のない静かなところを選ぶようにします。携帯電話は通話状態がよくないエリアもあるので携帯電話はなるべく避けましょう。しかし、どうしても携帯電話で掛けなければならない場合には、電波状況のよい場所を選びましょう。
電話の際は、「声のトーン」も好印象を与えるポイントです。リラックスし、普段より少し高めに発声し、聞き取りやすいようハキハキと話すよう心がけましょう。電話の相手のことを考え、緊張して早口にならないよう気を付けましょう。

〔電話応募をする〕
事前の準備ができたら、電話をかけましょう。
『お忙しいところ、失礼いたします。私、◯◯(名前)と申します。△△(求人媒体名)に掲載されていた求人情報を拝見し、お電話させて頂いております。採用ご担当者の○○様はいらっしゃいますか?』

採用担当者に取り次いでもらったら。
『私、◯◯(名前)と申します。△△(求人媒体名)の求人広告を拝見しました。そこで募集されていた○○(職種名)に応募させて頂きたいと思いご連絡いたしました。』
…などのような始まりで要件を伝えます。

電話の最後には、『お忙しいところ、ありがとうございました』と、お礼を伝えるようにしましょう。

☆豆知識:求人を出している企業やお店は複数の求人情報媒体に広告を出している場合があります。どの求人媒体を見て応募をしているか伝えたほうがスムーズです。
1つの求人広告内に複数の職種(仕事)の募集があった場合、自分はどの職種に対して、応募したいのかも伝えます。
採用担当者名が、求人情報に記載されている場合と、そうでない場合があります。担当者名の記載が無かった場合には、「採用ご担当者様はいらっしゃいますか?」と尋ねましょう。

サンプル WEB応募のマナー

求人情報サイトでは、WEBサイトの専用応募フォームに必要事項を入力し送信、応募するという方法が指定されている場合も多くみられます。
WEB応募フォームでは、入力項目がフォーマットで決まっています。入力項目は、「名前・住所・連絡先」だけでなく、「応募動機」「特技」「資格」などといった項目が設けられている場合もあります。入力必須項目に限らず、漏れなく全ての項目に入力するように努めてください。項目によっては、熱意や意欲をアピールすることができます。 なお、WEB応募フォーマットでも、履歴書に書くように間違いなく正確な情報を入力しなければいけませんから、入力に自信がない方などは、いきなり入力フォームに打ち込むのではなく、文書作成ソフトで下書き作成してから、コピー&ペーストする方法もあります。もちろん、誤字脱字などミスが無いよう、しっかり読み直してから、応募ボタンを押しましょう。

サンプル 面接のマナー

企業に採用されるか不採用になるかは、面接の結果も大きく影響されます。採用担当者は、面接時の身だしなみから、入退室時のマナー、質疑応答などがチェックされ、応募者の適性などを判断します。面接の際はマナーに気を付けながら、採用担当者に対し自分をアピールすることが大切です。

〔面接当日〕
面接において遅刻は厳禁です。遅くても、5分前には到着するようにします。自分のせいではなく、交通渋滞や電車遅延に巻き込まれることも考えられますので、ギリギリの予定はたてないように気を付けましょう。 交通渋滞などの事情で遅刻をしそうな場合は、分かった時点で速やかに面接先企業に連絡をいれましょう。 また、やむを得ない事情での欠席や面接日程変更をお願いしたい場合には、速やかに面接先企業に連絡を入れます。当日ドタキャンということのないように注意しましょう。

〔身だしなみ〕
面接では、髪色、服装、清潔感、過度なアクセサリーの有無などがチェックされます。服装は第一印象にもなるので、好印象を与えられる服装を心掛けましょう。その際、清潔感のある服装を選ぶことはもちろんですが、応募先の企業や職種に合った服装を選ぶこともポイントです。
一般的に特に指定がない場合は、スーツで面接に行きましょう。アルバイトでの応募の場合は、必ずしもスーツでなくても構いませんが、きちんとした印象を与えられる服装を心がけましょう。例えば、敗れたジーンズ、Tシャツと半パン、サンダルなどで面接に行くのはマナー違反です。
また、例えばアパレル販売員に応募するなら、そのお店の雰囲気に合ったファッションで、自分のセンスをアピールするとも大切です。どんな職種・業種への応募でも、指先の爪や髪型・髪色にも配慮をしましょう。
女性の場合は、全体的に肌見せが多すぎないか、服装の色がカラフルすぎないか、ネイルが派手すぎないか、アクセサリーが派手すぎないか、といった部分にも気を付けましょう。

〔入退室〕
入室時にはノックを3回、「どうぞ」と言われたら入室し、一礼します。そして、「よろしくお願いします」と再度一礼します。席を案内された際も「どうぞ」の一言を言われるまでは着席しないことがマナーです。
退室時は、席を起立した後に「ありがとうございました」と一礼します。その後、ドアの前でも一礼をし、退室します。この入退室のマナーは、面接だけに限らず一般的なマナーとして必要なものですから、身に付けておきましょう。

〔質疑応答〕
質疑応答では、質問にあった内容を明確に答えられるかがチェックされます。沈黙を作らず、自己アピールを含ませた内容でハキハキと応答するように心がけましょう。回答をする際、面接担当者の目を見て話すことも忘れずに。面接では、回答内容だけでなく、立ち居振る舞い、姿勢、表情などもチェックされます。「一緒に働いてみたい人材だな…」といった印象を採用担当者に持ってもらえるよう面接マナーに気を付けて面接にのぞみましょう。