転職するときには、いくつかの準備が必要です。また、いまの職場を退職をする際には、ただ「辞めます」だけでは終わりません。退職後の健康保険や年金保険、ハローワークで行う基本手当(失業手当)など、各種手続きがあります。退職手続きについて漏れが無いよう事前にチェックしましょう。

サンプル 退職時に「受け取るもの」「返却するもの」

〔退職時に受け取るもの〕
離職票:
離職票は雇用保険の失業給付受給の申請に必要になります。交付は退職後に勤務していた会社の担当者が手続きを行うことによってハローワークから交付されます。会社からの受取の方法や期日は事前に確認をしておきましょう(手続きには10日前後かかります)。期日が過ぎても交付されない場合は会社に確認してください。交付されない場合は、最寄りのハローワークの窓口で相談しましょう。

源泉徴収票:
所得税の確定申告の際に必要になります。転職をした場合は、転職先の会社を通して12月の年末調整を行います。年内に再就職が叶わなかった場合や独立をした場合には、自分で確定申告の手続きを行うことになります。
 
雇用保険被保険者証: 雇用保険の加入を証明するものです。離職票と同様、雇用保険の失業給付受給の申請に必要となりますので、会社に預けていた場合には返却をしてもらいます。再就職した際は、転職先の会社に提出をします。
 
年金手帳:
年金手帳には基礎年金番号が記載されています。年金加入の記録は基礎年金番号で行われ、一人にひとつの番号で管理されます。転職しても、独立をしても、ひとつの基礎年金番号で年金の加入記録が管理されます。会社に預けていた場合には返却してもらいます。

〔退職時に返却するもの〕
・健康保険被保険者証(※)
・社員章、名刺、身分証明書など会社での身分を証明するもの
・通勤定期券(精算して返却する場合もあるので、会社の担当者に確認します)
・制服、鍵、作業用備品などの作業用品各種
・事務用品など、その他会社費用で購入したものや貸与されていたもの
・資料やデータは、指定された方法で引き継ぎや処分をします

※退職後に健康保険の手続きする必要があります。退職後の健康保険は「健康保険任意継続」「国民健康保険」「家族の健康保険(被扶養者)」の選択肢があります。詳細は該当の協会けんぽや健康保険組合、お住まいの自治体窓口に確認してください。



サンプル ハローワークで行う、基本手当(失業手当)の手続き

在職中に一定期間、雇用保険に加入していた人が離職し失業してしまった場合に、離職中の生活を安心して過ごし、心配なく新しい仕事を探せるように支給されます。基本手当の支給を受けることができる日数は、雇用保険の被保険者であった期間や離職の理由などによって条件が変わります。詳しくは、ハローワークのWEBサイトでも確認できます。または、ハローワークの窓口担当者に尋ねてください。

※基本手当の手続きには、まずはお住まい管轄のハローワークに行き「求職の申込み」を行います。雇用保険被保険者離職票、本人確認証( 運転免許証や写真付き住民基本台帳カード等)、写真(縦3cm×横2.5cmの正面上半身のもの、3か月以内に撮影)2枚、印鑑本人名義の普通預金通帳(郵便局も含む)が必要です。

〔教育訓練給付金制度〕
ハローワークでは、働く方のスキルアップやキャリア形成を支援するために、「教育訓練給付金制度」もあります。指定された教育訓練の受講費用の一部が支給されるとともに、条件を満たした方については、基本手当が支給されない期間について、受講に伴う諸経費の支援も行われます。