「働く」を考える|スイッチが入るのはいつ?仕事モードに切り替わる瞬間!


スイッチが入るのはいつ?仕事モードに切り替わる瞬間!

  • 2015年3月26日
  • カテゴリ 働き方スキル


  • 仕事を長く続けていく上で、オンとオフの切り替えは大切ですよね。自宅に帰ってもずっと仕事モードでは疲れてしまいますし、逆に休みモードのまま職場に行っても、効率的な仕事は出来ません。多くの人はどんなタイミングで気持ちを切り替えているのでしょうか?



    そこで、今回はみなさんに、仕事モードに切り替える瞬間はいつなのかについて、アンケートを取ってみました。



    【質問】

    ビジネスモードに切り替わる瞬間は?



    【回答数】

    身支度をしているとき:21



    玄関を出たとき:10



    会社に着いたとき:48



    始業時間を迎えたとき:15



    その他:6
    ■調査地域:全国
    ■調査対象:年齢不問・男女
    ■調査期間:2015年1月27日~2月10日
    ■有効回答数:100サンプル



    半数の人が職場に着いた時に仕事モードに切り替わる!

    約半数の人が、仕事モードに切り替わるのは「会社に着いた時」と答えています。



    ・会社に着くまではまだ仕事モードがオフになっていますが、着いた途端にすぐに切り替えることができます。
    ・通勤時間は自分の時間なので、まだビジネスモードではありません。会社に着いて、タイムカードを押して会社から出るまでがビジネスモードです。
    ・会社に着いて、一杯のコーヒーを飲んだ時に、ビジネスモードに切り替わる。
    ・会社に着いてパソコンを立ち上げると、習慣からか自然に切り替わります。



    意外と、通勤時間はまだ仕事モードではないという意見が多いようです。職場に着いてやっと気持ちが切り替わるというのが、割と普通なことなのかもしれません。正確には、会社に着いてからタイムカードを押す、コーヒーを飲む、パソコンを立ち上げるなど、習慣化している事があり、それによってスイッチが入るという人が多いことが伺えました。



    それ以外は早め派とギリギリ派に分かれる?!


    その他に多かったのは「身支度をしている時」「始業時間を迎えた時」という回答で、早い段階で切り替える人と、ギリギリまで切り替えない人に分かれているようです。「玄関を出た時」や「その他」は少数派という結果になりました。



    ・仕事の時だけ着るスーツを着たら、気持ちも仕事モードになります。
    ・行きたくないなと思っても、会社に行くような恰好に着替えると、自然と行かなければいけないという考えに切り替わります。
    ・始業のチャイムが鳴るのですが、その時から仕事モードになります。
    ・ON/OFFを切り替えないとやってられないので、ギリギリまではプライベートに徹して、時間が来たら切り替える。



    切り替えが早い人は、既に自宅にいる時点から仕事モードに切り替わっているようで、身支度をしている時に切り替わるという意見も。特に制服やスーツなど、仕事着が決まっている人は、それによって切り替えが出来るようです。



    逆に、遅い人は始業時間を迎えた時と回答しています。自発的に切り替えられない人も、始業のチャイムで気持ちが切り替わるのかもしれません。意外と、始業時間ギリギリまで仕事モードになっていない人もいるようですね。



    最低でも職場に着いたら仕事モードに切り替えた方が無難?


    030

    「身支度をしている時」、「玄関を出た時」と回答した人も合わせると「会社に着いた時」には、既にビジネスモードに切り替わっている人が、全体のおよそ8割を占めていました。



    中には、始業時間になってから切り替える人もいるようですが、回答の傾向を見る限りでは、とりあえず最低でも会社に着いた時点で仕事モードに切り替えておいた方が無難と言えるのではないでしょうか。また、切り替えが苦手な人は、コーヒーを飲んだり、机に向かったらなど、スイッチを入れるための動作を決めておくといいのかもしれません。


    ▲TOPへ