「働く」を考える|スーツは社会人の勝負服!こだわりのポイントは?


スーツは社会人の勝負服!こだわりのポイントは?

  • 2015年3月26日
  • カテゴリ 就活ノウハウ


  • 「身だしなみ」はビジネスシーンの基本です。身だしなみの良し悪しで、その人の人柄や仕事ぶりまで判断されてしまうこともあります。

    社会人の勝負服ともいわれているスーツですが、シャツ、ネクタイ、靴などたくさんのものを揃えなければいけません。

    そのような中で、みなさんが一番にこだわっているポイントとはどこなのでしょうか。

    今回は、スーツのこだわりポイントについてアンケートを取ってみました。



    【質問】

    スーツは社会人の勝負服!こだわりのポイントは?



    【回答数】

    スーツ:46
    シャツ:13
    ネクタイ:20
    靴:17
    靴下:0
    鞄:4
    ■調査地域:全国
    ■調査対象:年齢不問・男女
    ■調査期間:2015年1月27日~2月10日
    ■有効回答数:100サンプル



    やっぱり一番大事!スーツそのもの

    アンケートの結果、スーツが最も多い結果となりました。



    ・スーツが一番目につくと思うので、スーツだけはいいものを買う。他のものは安いもので済ませる。
    ・スーツのシルエット。自分の体形にジャストフィットするスーツは、やはりカッコイイと思うから。
    ・単純にスーツといってもシルエットやスカートの長さがあるので、絶妙のバランスのかっこいいスーツを着てスカーフをまいています。
    ・社会人の第一印象を決めるのは、全体の見た目だと思うので、全身を占めるスーツが重要です。
    ・サイズ感がおかしかったり訪問する場所に適していないスーツを身に着けると恥ずかしい思いをするから



    スーツは社会人の勝負服、という言葉があるように、やはりスーツそのものにこだわりを持っている人は多いようです。特に自分の体形に合ったサイズ感やシルエットを重視しているようですね。自分の体にフィットしているスーツはピシッと見え、社会人として好印象を与えることも多いでしょう。くれぐれも、ブカブカ、シワシワなスーツにはご注意を!



    豊富なバリエーションで、変化をつけられるネクタイ


    スーツに次いで、ネクタイが多くなりました。



    ・スーツはどれもそこまで変わらないと思うので、人の印象を変えるのはネクタイの柄などと思います。
    ・ネクタイはその人のセンスが出るし、意外と周りの人は見ています。
    ・スーツを何パターンも持っていないので、ネクタイを変えて、シャツとの組み合わせで変化を出します。
    ・靴は意外に見落とされがちですが、靴が汚いとだらしなく見えるので。
    ・神は細部に宿るとことわざがある通り、ビジネスマンは靴まで気をつかってこそ、勝負だと思うからです。



    ネクタイはカラフル、柄もの、素材など豊富なバリエーションがあります。ネクタイを一つ変えるだけで、印象がガラリと変わることも多いですよね。スーツは高額なので何着も持つのが難しいという方でも、ネクタイを数パターン持つことによって、雰囲気に変化をつけることができます。

    3番目に多かったのは靴でした。ブランド靴というよりは、手入れが行き届いた靴を重視し、一人前のビジネスマンならば気をつけられて当然とと考えているようです。細部まで気を配れるのは、素敵なことですよね。



    きちんとした身だしなみは、社会人のマナー


    030

    スーツそのものにこだわりを持っている人が約半数という結果となりました。自分の体にきちんとあった、清潔感のあるスーツを身につけるということは、社会人としてのマナーでもあります。

    良いものを選ぶのも大切ですが、汚れやしわがないか、ゴミなどが付着していないかなど、細かな部分にも気を配っておくと好感を持ってもらえるでしょう。

    ビジネスシーンにおける第一印象は、身だしなみが重要だということを心掛けておきたいですね。


    ▲TOPへ