「働く」を考える|仕事がパンク寸前!こんな時、あなたならどうする?


仕事がパンク寸前!こんな時、あなたならどうする?

  • 2015年3月26日
  • カテゴリ こんなときどうする?


  • 忙しいときに限って次々に新しい仕事が舞い込んでくる、そんな経験がある人は少なくないのではないでしょうか。断りたいけれど断れない、引き受けたいけれどかなり苦しい、そんな時、どうすればいいのか困りますよね。そうした状況で頼まれた仕事を引き受けるか断るか、迷ったときにどうするか、アンケートを取ってみました。



    【質問】

    タスクでいっぱいのあなたに、上司から次々舞い込む依頼。どうする?



    【回答数】

    とりあえず受け入れる:37
    キッパリ断る:31
    その他:32
    ■調査地域:全国
    ■調査対象:年齢不問・男女
    ■調査期間:2015年1月27日~2月10日
    ■有効回答数:100サンプル



    苦しいときこそ成長のとき?自分を信じて引き受ける

    アンケートの結果、とりあえず受け入れるという人がやや多くなっています。



    ・断るとこいつ使えないやつだな、と思われそうで怖いから。できないやつだと思われたくないから。
    ・断ったら、自分の能力がないと思われるので、やることたくさんあるけどそのあとでもいいか相談。
    ・よっぽど訳の分かっていない上司であれば別ですが、期待されていると考えて頑張ります。
    ・信頼できる上司から頼まれるのならなるべくこなしたいと言う気持ちがあります。



    期待に応えたい、自分の評価が気になる、また、仕事を頼まれるのは自分にそれを処理するだけの能力があると思われているからという考えが共通していました。上司からの依頼を受けることで自分自身にハードルを課す形になりますが、そうすることで成長に繋がるということも多いでしょう。



    トラブルは未然に防ぐ!出来ないときはハッキリと断る


    トラブルにならないように断るという意見もありました。



    ・できなかった場合に困るのは結局は自分ではなく上司や会社なので、最初からできないものはきっぱりそう言ったほうがいいと思うから。
    ・キャパ以上の仕事をして、どれも中途半端になるのはかえって無責任。
    ・期限があって間に合わなそうなら断るし、他の人でも出来そうなら回してもらいますが、自分しか出来ない物なら受けます。
    ・受け入れもせず、キッパリ断りもしないで、いっぱいいっぱいの状況を説明してどうするか判断してもらう。



    こちらはリスク管理を重視しているようです。このリスク管理は自身のことではなく、上司や会社への負担を考えてのことでもあるようです。自分しか出来ない仕事ならば引き受けるなど、チームで仕事をしているという考えが根底のあるようです。

    受け入れるか断るか迷ったときは、現状の確認をしたうえで上司に判断を仰ぐのも賢い選択と言えるでしょう。



    ホウ・レン・ソウの重要さを再確認


    030

    断れないから引き受ける、嫌だから断るといったものではなく、客観的な視点から受け入れるか断るか判断している人が多いようでした。

    引き受けることで自身のスキルアップに繋がり、他の人の負担が軽くなるという意見や、効率的かつ安全に仕事を進めていという意見もありました。

    どちらが良いというわけではなく、その時々の状況によって適切な判断をする必要があるでしょう。そのためまずは、上司とのホウ・レン・ソウ(報告・連絡・相談)も重要になるのではないでしょうか。


    ▲TOPへ